エンベデッドシステムスペシャリスト試験過去問題
午前2平成21年問25


 ソフトウェアを保守するときなどに利用される技術であるリバースエンジニアリング
の説明はどれか。

 ア ソースプログラムを解析してプログラム仕様書を作る。

 イ ソースプログラムを探索して修正箇所や影響度を調べる。

 ウ ソースプログラムを見直して構造化プログラムに変換する。

 エ ソースプログラムを分かりやすい表現に書き換える。

『今だけ!! 最新技術の解説を無料提供』

    ●「5分でわかる最新キーワード解説」
    ●「ネットワーク早わかり講座」
    ●「運用コストを減らすワザ50」
    ●「すご腕アナリスト市場予測」などと言った
    いわゆるコンピュータ雑誌に掲載されているような
    価値のある情報です。

    普通なら、雑誌代に月々1500〜2000円は掛かるところですが、
    無料で購読することが出来てしまうお得なサービスです。
    とりあえず、申込んで、購読出来る環境を作っておきましょう。


        無料会員登録!!!


 ア ソースプログラムを解析してプログラム仕様書を作る。

> リバースエンジニアリング(reverse engineering)
> ソフトウェアやハードウェアを分解したり解析したりして、その仕組み、仕様、 
> 要素技術などを明らかにすることです。
> 企業がライバル会社の製品に対して行うことが多いが、自社の製品で仕様書と製 
> 品の動作が異なっているときに、製品の動作から仕様書を修正する場合もある。
> 他社製品に対しリバースエンジニアリングするときには、特許などの知的財産権 
> に注意を払う必要がある。
> http://www.k4.dion.ne.jp/~type_f/21S_L4/21S_L4DB_24.html

 どうもありがとうございます。

午後試験にも通用する知識習得には コレ!!
無料で購読出来ます。  試さないと、勿体無いですよ。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験 おすすめ参考書・問題集

ベンダー試験 格安受験チケット





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。