エンベデッドシステムスペシャリスト試験過去問題
午前2平成21年問23


 ハードウェアの保守点検及び修理作業を実施するときに,運用管理者が実施す
べき,事前又は事後の確認に関する説明のうち,適切なものはどれか。

 ア システムが自動的に回復処置を行った障害については,障害前後のエラーログ
  が残っているので,障害原因や対応処置の報告ではなく,ログの分析結果を
  確認する。

 イ 定期保守時の点検項目は事前に分かっているので,事前と事後の確認は省略
  できるが,作業の開始と終了については,保守作業者に確認する。

 ウ 予防保守を遠隔保守方式で行う場合,遠隔地のシステムへの影響は出ない
  ので,作業内容などの事前確認は行わず,事後に作業実施結果を確認する。

 エ 臨時保守の場合,事前に保守作業者が障害の発生状況を確認したことを確認
  し,事後に障害原因や作業実施結果を確認する。

『今だけ!! 最新技術の解説を無料提供』

    ●「5分でわかる最新キーワード解説」
    ●「ネットワーク早わかり講座」
    ●「運用コストを減らすワザ50」
    ●「すご腕アナリスト市場予測」などと言った
    いわゆるコンピュータ雑誌に掲載されているような
    価値のある情報です。

    普通なら、雑誌代に月々1500〜2000円は掛かるところですが、
    無料で購読することが出来てしまうお得なサービスです。
    とりあえず、申込んで、購読出来る環境を作っておきましょう。


        無料会員登録!!!


 エ 臨時保守の場合,事前に保守作業者が障害の発生状況を確認したことを確認
  し,事後に障害原因や作業実施結果を確認する。

> ア 誤 自動回復時も障害原因や対応処置の報告は必要です。
> イ 誤 定期保守でも事前と事後の確認を行う。
> ウ 誤 遠隔保守でも事前の確認は必須です。
> エ 正 臨時保守は障害時の対応が多いので
>      事後に障害原因や作業実施結果を確認します。
> 
> ソフトウエア保守について
> http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20070205/260733/

 どうもありがとうございます。

> ア:× システムが自動的に回復処置を行った場合も、障害原因や対応処置の報
>    告を行う必要があります。
> イ:× 定期保守を行うときは、事前と事後に確認作業を行わない定期保守が正
>    しく行われたことを確認します。
> ウ:× 遠隔保守を行う場合も、事前の確認は行わないといけません。
> エ:○
> http://www.k4.dion.ne.jp/~type_f/21S_L4/21S_L4AU_23.html

 どうもありがとうございます。

午後試験にも通用する知識習得には コレ!!
無料で購読出来ます。  試さないと、勿体無いですよ。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験 おすすめ参考書・問題集

ベンダー試験 格安受験チケット





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。