エンベデッドシステムスペシャリスト試験過去問題
平成19年問03


 メモリアクセスの信頼性を高めるための方式で,データ誤りの自動訂正が可能
なものはどれか。

 ア CRC

 イ ECC

 ウ チェックサム

 エ パリティ

『今だけ!! 最新技術の解説を無料提供』

    ●「5分でわかる最新キーワード解説」
    ●「ネットワーク早わかり講座」
    ●「運用コストを減らすワザ50」
    ●「すご腕アナリスト市場予測」などと言った
    いわゆるコンピュータ雑誌に掲載されているような
    価値のある情報です。

    普通なら、雑誌代に月々1500〜2000円は掛かるところですが、
    無料で購読することが出来てしまうお得なサービスです。
    とりあえず、申込んで、購読出来る環境を作っておきましょう。


        無料会員登録!!!


 イ ECC

> CRC・チェックサム・パリティは検出のみで訂正はしないと思います。

 どうもありがとうございました。

> CRC (Cyclic Redundancy Check)
>  連続する誤りを検出するための誤り検出符号の一種。
> http://tinyurl.com/8ovzh @http://ja.wikipedia.org
>
> ECC (error detection and correction)
>  データに符号誤り(エラー)が発生した場合にそれを検出、あるいは検出し訂
> 正することである。
> http://tinyurl.com/yzhrz7 @http://ja.wikipedia.org
>
> チェックサム (check sum)
>  簡易な誤り検出に用いられるアルゴリズムである。
> http://tinyurl.com/2pngwq @http://ja.wikipedia.org
>
> パリティ (parity)
>  ある数字の並び(大体2進数)の合計が偶数・奇数かどうかを比較する事によ
> り、通信の誤りを検出する技術。偶数を even parity 、奇数を odd parity と
> いう。
> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3

 どうもありがとうございました。

午後試験にも通用する知識習得には コレ!!
無料で購読出来ます。  試さないと、勿体無いですよ。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験 おすすめ参考書・問題集

ベンダー試験 格安受験チケット





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。