エンベデッドシステムスペシャリスト試験過去問題
午前2平成21年問01

 MPU の高速化技術の一つであるスーパスカラの特徴として,適切なものはどれ
か。

 ア 同時に実行可能な複数の動作をまとめて一つの命令として実行する。

 イ 独立した複数の命令ストリームを用意し,これらの実行を適宜切り換えな
  がら行う。

 ウ パイプラインの深さを増すとともに,パイプラインピッチを短くして,平
  均命令実行時間を短縮する。

 エ パイプラインを複数用意し,同時に複数の命令を実行する。


『 午前2平成21年問01  解答 』


エンベデッドシステムスペシャリスト試験過去問題
午前2平成21年問09

 ホットスタンバイシステムにおいて,現用系に障害が発生して待機系に切り替わ
る契機として,最も適切な例はどれか。

 ア 現用系から待機系へ定期的に送信され,現用系が動作中であることを示す
  メッセージが途切れたとき

 イ 現用系の障害をオペレータが認識し,コンソール操作を行ったとき

 ウ 待機系が現用系にたまった処理の残量を定期的に監視していて,残量が一定量
  を上回ったとき

 工 待機系から現用系に定期的にロードされ実行される診断プログラムが,現用系
  の障害を検出したとき


『 午前2平成21年問09  解答 』


エンベデッドシステムスペシャリスト試験過去問題
午前2平成21年問10

 あるトランザクションの応答時間は,サーバ処理時間 100 ミリ秒,総回線伝送
時間 400 ミリ秒及び端末処理時間 500 ミリ秒の合計から成る。この応答時間を
最も短縮させる対策はどれか。ここで,オーバヘッドは無視するものとする。

 ア サーバ処理時間を 40% と総回線伝送時間を 10% 改善する。

 イ サーバ処理時間を 80% 改善する。

 ウ 総回線伝送時間を 20% 改善する。

 エ 端末処理時間を 20% 改善する。


『 午前2平成21年問10  解答 』


エンベデッドシステムスペシャリスト試験過去問題
午前2平成21年問18

 TCP,UDP のポート番号を識別し,プライベート IP アドレスとグローバル IP
アドレスとの対応関係を管理することによって,プライベート IP アドレスを
使用する LAN 上の複数の端末が,一つのグローバル IP アドレスを共有して
インターネットにアクセスする仕組みはどれか。

 ア IP スプーフィング

 イ IP マルチキャスト

 ウ NAPT

 エ NTP3


『 午前2平成21年問18  解答 』


エンベデッドシステムスペシャリスト試験過去問題
午前2平成21年問19

 スパムメールの対策として,あて先ポート番号 25 番のメールに対し ISP が実施
する OP25B の説明はどれか。

 ア ISP 管理外のネットワークからの受信メールのうち,スパムメールのシグネチャ
  に該当するメールを遮断する。

 イ 動的 IP アドレスを割り当てたネットワークから ISP 管理外のネットワーク
  に直接送信されたメールを遮断する。

 ウ メール送信元のメールサーバについて DNS の逆引きができない場合,その
  メールサーバからのメールを遮断する。

 エ メール不正中継の脆弱性をもつメールサーバからの受信メールを遮断する。


『 午前2平成21年問19  解答 』


エンベデッドシステムスペシャリスト試験過去問題
午前2平成21年問21

 フェールセーフの考えに基づいて設計したものはどれか。

 ア RAID2 を採用してハードディスクの MTBF が従来製品の2倍になるようにす
  る。

 イ 乾電池のプラスとマイナスを逆にすると乾電池が入らないようにする。

 ウ 交通管制システムが故障したときには,信号機に赤色が点灯するようにす
  る。

 エ ネットワークカードのコントローラを二重化しておき,故障したときには
  故障したコントローラを切り離して運用する。


『 午前2平成21年問21  解答 』


エンベデッドシステムスペシャリスト試験過去問題
午前2平成21年問23

 ハードウェアの保守点検及び修理作業を実施するときに,運用管理者が実施す
べき,事前又は事後の確認に関する説明のうち,適切なものはどれか。

 ア システムが自動的に回復処置を行った障害については,障害前後のエラーログ
  が残っているので,障害原因や対応処置の報告ではなく,ログの分析結果を
  確認する。

 イ 定期保守時の点検項目は事前に分かっているので,事前と事後の確認は省略
  できるが,作業の開始と終了については,保守作業者に確認する。

 ウ 予防保守を遠隔保守方式で行う場合,遠隔地のシステムへの影響は出ない
  ので,作業内容などの事前確認は行わず,事後に作業実施結果を確認する。

 エ 臨時保守の場合,事前に保守作業者が障害の発生状況を確認したことを確認
  し,事後に障害原因や作業実施結果を確認する。


『 午前2平成21年問23  解答 』


エンベデッドシステムスペシャリスト試験過去問題
午前2平成21年問24

 ソフトウェア開発のプロセスモデルのうち,開発サイクルを繰り返すことによっ
て,システムの完成度を高めていくプロセスモデルはどれか。

 ア RAD モデル

 イ ウォータフォールモデル

 ウ スパイラルモデル

 エ プロトタイピングモデル


『 午前2平成21年問24  解答 』


エンベデッドシステムスペシャリスト試験過去問題
午前2平成21年問25

 ソフトウェアを保守するときなどに利用される技術であるリバースエンジニアリング
の説明はどれか。

 ア ソースプログラムを解析してプログラム仕様書を作る。

 イ ソースプログラムを探索して修正箇所や影響度を調べる。

 ウ ソースプログラムを見直して構造化プログラムに変換する。

 エ ソースプログラムを分かりやすい表現に書き換える。


『 午前2平成21年問25  解答 』


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。